|

介護から「KAIGO」へ。
さくらコミュニティサービスはKAIGOのグローバル化を目指します。



トップページ > ニュースリリース
会社概要

ブライトネス福住 入居者募集開始!

2018/07/13


2018年10月に開設予定のサービス付き高齢者向け住宅、ブライトネス福住が入居者募集を開始しました。

ブライトネス福住は、ご高齢者がお一人、あるいはご夫婦で快適に暮らしていただけるよう、設備の整ったさまざまなタイプのお部屋をご用意しております。また、「入居者様の安心・安全を最優先に」をモットーに、階下には24時間スタッフが常駐し、もしもの緊急時にも的確に対応いたします。さらに、医療処置や介護が必要な方には、看護小規模多機能居宅介護「スマイリンク福住」が併設されており、日中看護師による医療処置や健康相談を受けることも可能です。安心で安全な住空間の中で、多
様なサービスを受けながら自分らしい暮らしが実現できます。

サービス付き高齢者向け住宅 ブライトネス福住
http://furusato-sakura.jp/brand_brightness.html


日本経済新聞 介護人材育成について 掲載

2018/04/13


【掲載】2018年4月10日(火)

介護人材を東南アジアから呼び込む動きが北海道内で広がり始めています。
学校を設け、日本で研修を受けて頂き、自社施設で働く人材を育てるケースが目立ちます。

弊社では6月にもミャンマーの最大都市ヤンゴンに介護職業訓練校を設立いたします。
独自開発のプログラムで学んで頂き、現地の日本語学校で日本語の授業も受けて頂きます。
詳しくは下記URLからもご覧ください。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29166890Z00C18A4L41000/

日本のおもてなし介護をアジアに広げるべく
ミャンマーで海外事業のネットワークを築き、今後の介護現場サービスの向上にむけてこれからも精進してまいります。


北海道新聞 ミャンマー初の介護職業訓練校 掲載

2018/04/11


【日時】2018年4月6日(金)

弊社の取り組みについて、北海道新聞に掲載されました。
ミャンマーに日本のおもてなし介護を広めるため、ミャンマーの若者が日本で介護の経験を積むことが
ミャンマーの発展と日本の介護人材不足の両方に役立てることでしょう。

ミャンマー初の介護職業訓練校の開校や、日本に実習生を送り出す準備を進めております。
詳しくは下記URLからもご覧ください。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/178139

今後の介護現場サービスの向上にむけてこれからも精進してまいります。


平成30年度 入社式を行いました

2018/04/04


【日時】2018年4月2日(月) 9:30〜10:00

春が近づき、花の便りに心を弾ませる中
さくらコミュニティサービスの新入社員入社式を行いました。

辞令交付、弊社代表中元より皆様へのお祝いの言葉として介護業界の現状や会社の今後のビジョンについてお話がありました。

この後は理念研修等があり、2か月間、研修期間に入ります。
介護だけではなく、一般のビジネスマナーや社会人として生活していくための知識をしっかりと身に着けていただき
社会人としてのスタートを切ってほしいと思います!

1人1人の輝けるフィールドがきっと見つかるはずです。
新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。

新メンバー共々、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


日本産業新聞 ものづくり・海外事業について 掲載

2018/03/30


【日時】2018年3月22日(木)

弊社の人工知能(AI)を活用したシステムの開発と、海外事業(ミャンマー)について
日本産業新聞に掲載されました。

システム開発では、介護職員の負担軽減を目指し、AIによる介護計画づくりを指南する仕組みを形成している。改良を重ね、介護事業者に20年春をめどに発売する計画です。
海外事業としては、日本式介護をアジアに広げるべく、ミャンマーで事業のネットワークを築き日本に実習生として招くことを進めております。
 
今後の介護現場サービスの向上にむけて、これからも精進してまいります。


careTEX2018 出展

2018/03/22


【日時】2018年3月14日(水)・15日(木)・16日(金) 9:30〜17:00
【場所】東京ビックサイト

東京CareWEEK2018での、 CareTEX2018 (ケアテックス)
第4回 介護用品展/介護施設産業展/介護施設ソリューション展 に出展いたしました。

CareTEX(ケアテックス)は、年に一回開催されている日本一大きな規模の介護展になります。
介護・健康用品、高齢者の生活を支援する設備・サービスを取り扱う500社もの企業が出展しており、その場で商談も行えます。
会期3日間の来場者数は18,847名と、昨年の15,645名を大きく上回りました。

弊社も現在開発中の介護アプリCare Viewerを初お披露目しました。
AIによるケアプラン作成と介護記録ソフトということで多くの来場者に弊社ブースに訪問して頂きました。
訪れた方々からはAIに関する質問が多く、AIへの関心の高さを感じました。

また、出展商品紹介セミナーも開催し、こちらも盛況で多くの来場者に来て頂きました。
ICTの導入促進に向けた加算の新設と介護業務の効率化・コスト削減について、AI技術を用いた介護ソフトの可能性についてご説明いたしました。

参加された皆さま誠にありがとうございました。
来場者の皆様から貴重なご意見を多数頂きましたので、今後の開発に生かしていきたいと思います。


「平成29年度医療技術・サービス拠点化促進事業」最終報告会 参加

2018/03/09


【日時】2018年3月8日(木) 10:30〜16:10
【場所】ベルサール八重洲3階

経済産業省と一般社団法人 Medical Excellence JAPANによる「平成29年度医療技術・サービス拠点化促進事業」の最終報告会に参加いたしました。

医療・介護の国際展開をさらに加速していくため、
参加企業がそれぞれ行った実証事業の成果を多くの方々に広く周知するための最終報告会となります。

弊社はミャンマーでの公的介護資格導入および官民連携の職業訓練校の開設をふまえ、日本式訪問介護・看護の実証調査を行いました。
その調査結果を弊社代表 中元がプロジェクトを代表して報告いたしました。

参加された皆さま誠にありがとうございました。
今後の介護現場のサービス向上に向けてこれからも精進してまいります。


careTEX2018にて介護アプリ 公開

2018/02/08


【日時】2018年3月14(水)〜16日(金) 9:30〜17:00(受付開始 9:00)
【場所】東京ビックサイト

主要企業500社が出展する、介護業界最大級の展示会「 careTEX2018」に参加いたします。
商品をご覧になりながら、商品選定や出展社との商談が可能です。
弊社は業界初の人工知能によるケアプラン作成と介護記録ソフトを初公開いたします!

ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。お気軽に弊社のブースにお越し下さい。
今後の介護現場のサービス向上に向けて、これからも精進してまいります。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://caretex.jp/serch#content=44GV44GP44KJ&now=1517903696949


次世代アントレプレナー育成事業 プロジェクト 参加

2018/02/05


【日時】2018年2月1(月) 10:00〜12:00
【場所】さくらコミュニティサービス 本社 6F 研修ルーム

国立大学法人 北海道大学と小樽商科大学とDEMOLA(国際的な企業課題解決ネットーク)による
「DEMOLA*」の打ち合わせが開催されました。

*国立大学法人 東北大学が主幹機関となる、文部科学省採択プロジェクト、「”EARTH on EDGE” 〜東北・北海道からの起業復興〜」の中にある1つのプログラムとなります。

アントレプレナー・イントレプレナーの創出を目的とし、企業が有する課題に対して学生が企業と一緒にその解決策をつくりあげていく国際的な企業課題解決プロジェクトです。この取り組みは国内初となります。

参加された皆様ありがとうございました。
今後の介護現場のサービス向上に向けて、これからも精進してまいります。


中期経営計画キックオフ 開催

2018/01/31


【日時】2018年1月27(土) 14:00〜16:00
【場所】さくらコミュニティサービス 本社 5F 第2教室

中期経営計画キックオフが本社で開催され、介護サービス事業部、教育事業部、人材サービス事業部、管理部が参加いたしました。
これからの第17期〜第19期までの3年間について、さくらが中期的に目指すあるべき姿と現状について弊社代表中元がプレゼンテーションを、
参加された社員の皆さんでチームを組んでディスカッションを行いました。
その後の懇親会では、お食事をしながらこれからのさくらについて、自分の夢や目標について、参加された皆さんから一言ずつ頂きました。

これからのさくらを皆さんで考え、共有し合う事が出来る良い機会となりました。
参加された皆様ありがとうございました。
今後の介護現場のサービス向上や各社員の皆さんが目標に向けて、仕事に取り組んで参ります。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >