さくらCSホールディングス株式会社

2019年03月

News Release

2019.03.12

北海道新聞 介護職業訓練校 開校  掲載

弊社と合弁会社Polestar KAIGO Serviceでの取組みが

北海道新聞に掲載されました。

 

8日(金)、介護職業訓練校をミャンマーの最大都市ヤンゴンに開設し

11日(月)に開校記念式典が行われました。

 

ミャンマーの健康スポーツ省や、日本大使館からも公司の関係者の方々にご出席頂きました。

訓練校では日本の介護研修を参考にしたカリキュラムを採用し

毎年200人の人材を育て、ミャンマー国や日本の介護現場へ送り出す予定です。

 

弊社としては介護関連事業の経験を生かし

教科書作成や福祉用具の提供、講師派遣等の準備を進めております。

 

本日は弊社代表 中元による授業も行わせて頂き

真剣な眼差しで聞き入る訓練生の皆さんが印象的でした。

 

構想から4年、時間が掛かりましたが、新たな一歩を踏み出すことが出来ました。

関係者の方々のご協力で無事にこの日が迎えられたことを心から感謝致します。

 

2019.03.05

地域介護経営 掲載

弊社での、日本初 企業単独型技能実習生の受け入れについて

介護経営情報誌「地域介護経営」に掲載されました。

 

ミャンマー人技能実習生の3名は、介護技術を学び

3月から弊社グループホームである「満快のふる郷さくら」を中心とした実勤務に日々奮闘中です。

 

今後の介護現場サービスの向上にむけてこれからも精進してまいります。

 

2019.03.01

外国人技能実習生 スピーチコンテスト

弊社で研修を受けている外国人技能実習生の

ジン・ジン・モーさん、ウィー・イー・ピョーさん、ジン・ジン・モー(同名)さん

3名による「スピーチコンテスト」を開催いたしました。

 

テーマは【3年後の私】。スピーチでは家族・祖国への熱い想い

日本への感謝の言葉が述べられました。

傾聴していた社員の中には涙する者もおり、とても暖かな良い時間となりました。

 

弊社施設にて実際に働く中で感謝・感動・架け橋を実体験し

成長していくことを楽しみにしております。

 

日本のおもてなし介護をアジアに広げるべく

今後の介護現場サービスの向上にむけてこれからも精進してまいります。