2019年07月

News Release

2019.07.18

「外国人介護人材の受入の実態等に関する調査研究事業」委員 就任

 
みずほ情報総研株式会社様が厚生労働省令和元年度老人保健健康増進等事業の採択を得た
「外国人介護人材の受入れの実態等に関する調査研究事業」の委員に
弊社代表中元が就任いたしました。
 

同調査研究は、外国人介護人材の受入れに当たっての現状と課題を把握すると共に、課題に適切に対応していくための方策を検証・提案することを目的とされております。
 
 

7月10日には、弊社の外国人技能実習生受入の取組みに関するプレヒアリング調査が開催され、第1部では、ミャンマーを中心とした弊社の海外事業の事例や技能実習生へのインタビュー、第2部では、技能実習生が勤務する弊社介護施設へ訪問されました。
 

今後も介護業界、地域発展に向けて、日々精進してまいります。

2019.07.11

創立20周年に向けたプロモーションビデオ 公開

 

さくらCSホールディングスの創立20周年に向けて
3カ年中期経営計画「sakura Value Creation 2018」やKAIGO’s Next Challengeの想いを
プロモーションビデオにまとめました。
 
 
弊社代表中元による創業時の気持ち・設立のきっかけや、「さらなる挑戦とは」をテーマに各部署からどのような組織を形成していきたいか、未来をどう切り開いていきたいかをインタビュー形式にて構成しております。
 
自由に、そして強い意志を宿した生の声をお届けいたします。
ぜひご覧ください。

 

今後も介護業界、地域発展に向けて、さくら社員一同協力して参ります。

2019.07.05

介護記録ソフト「Care Viewer」プレサイト 公開

 
「Care Viewer」販売プレサイト

 

介護記録AIケアプラン作成ソフト「Care Viewer」の販売プレサイトが公開されました。

 

Care Viewerは、商業・サービス競争力強化連携支援事業に採択され、国の支援を受けながら開発した商品です。
介護記録のデジタル化とAIによる介護計画の自動生成システムにより、介護職員の負担軽減とケアの質の向上を目指し、日々改良を重ねております。

 
 

こうしたテクノロジーを駆使した生産性の向上の実現と介護業界で働く人の負担軽減を実現すれば、介護職員に心のゆとりを生むことができます。それはすなわち、介護を受ける方々に対するより質の高いケアの実現を意味するのです。

 

いま介護×テクノロジーの分野は、未来投資戦略やSociety 5.0、SDGsなどの後押しを受けてどんどん進展しようとしています。こうした状況だからこそ、私たちも新しい領域へのチャレンジに踏み切ることができるのです。

 

今後の介護現場サービスの向上にむけて、これからも邁進してまいります。

2019.07.01

18th キックオフミーティング 開催

 

 

 

 

18th キックオフミーティングを札幌パークホテルで行いました。

 

第1部では、事業計画にて昨年の振り返りと今期の方針について中元代表より発表され、社員が同じ空間、計画を共有いたしました。

また、新たな発想の組み合わせによるイノベーションの向上と自由な意見を出し合い相互理解を深めることを目的としてワールドカフェを行いました。

 
 

第2部の懇親会では、さくら女子・男子、優秀事業所内等の「表彰式」や毎年恒例のお楽しみイベントである「ドル掴み取り」を行い、職員のみなさまの輝かしい笑顔が溢れる中、社内コミュニケーションを活性化することができました。

 

新たな期を迎え、さらに成長を続け社会に貢献できる会社を目指し、引き続き生産性・組織のイノベーション向上に努め、社員一同一層精進して参りますので、何卒ご愛顧のほどお願い申し上げます。